居抜き

居抜きオフィス検索サイトのおすすめ9選!

「居抜きオフィスを探しているけど、物件検索サイトの数が多すぎて、どのサイトを利用すればいいのかわからない……。」
「居抜きに限定せず、デザイナーズやセットアップオフィスなどの情報も一緒に知れたらいいなあ。」
今回はそんな悩みを抱える皆さんに向けた記事をお届けします。

居抜きオフィスとは、前の入居者が使っていた内装や備品などをそのまま引き継いで利用できるオフィスのことです。内装工事や備品購入の費用が削減できたり、移転後すぐに業務が開始できたりする点が魅力として注目されています。特にベンチャー企業やスタートアップ企業に人気と言われていますよ。

そんな居抜きオフィスの検索サイトですが、サイトによって特徴はさまざま。希望する条件によって最適な検索サイトも変わってくるので、希望する条件を具体的にし、サイトの種類やそれぞれの特徴を把握してからの利用がおすすめです。

本記事で主な居抜きオフィス、居抜き店舗検索サイトの特徴を紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

居抜きオフィスナビ

居抜きオフィスナビは、居抜き物件に特化したオフィス検索サイトです。

オフィス移転時の内装費用や原状回復費用を大幅に抑えることができる居抜きオフィスを活用した新しいオフィス移転の選択を提案しています。

東京都内に限らず、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台に拠点があるので、 幅広いエリアに対応できる点が魅力です。

物件紹介ページには、写真が豊富に掲載されており、推奨人数も記載があるので、イメージがつきやすくなっています。また、セットアップオフィスなども扱っているので、居抜きに限定せず移転を検討中の企業におすすめです。

コラムでは、オフィス移転のノウハウも紹介されているので、初めてのオフィス移転でも安心して利用できるでしょう。

居抜きオフィスナビ

つながるオフィス

つながるオフィスは、ベンチャー企業やスタートアップ企業におすすめの、比較的小規模で高機能な物件を数多く掲載している物件検索サイトです。

実際に居抜きで入退去する際のフローがわかりやすく紹介されているので、まずは居抜き物件とは何か? というところから知りたい方にもおすすめです。

また、物件情報だけでなく、オフィス移転時の注意事項、働き方に関する調査、居抜き以外のワークスペースに関するコラムなども豊富に掲載されているので、オフィス事情について幅広い知識が得られます。

つながるオフィス

そのまんまオフィス!

そのまんまオフィス! は、オフィス移転時に居抜きで退去したい企業と、居抜きで入居したい企業をマッチングするサービスを提供しています。

居抜きで退去をしたい場合、物件のオーナーさんの承諾を得る必要があります。そのまんまオフィス! は、こういった際の物件オーナーさんとの交渉にも対応してくれますので、原状回復が前提の物件でも、居抜きで退去できる可能性が高まります。
ただし、退去するまでの期間に次の入居者が決まらなかった場合は、通常通り原状回復をしなければならないので注意しましょう。

また、会員登録することで未公開の物件情報を見ることができるので、利用される方は会員登録をおすすめします。

そのまんまオフィス!

スイッチオフィス

スイッチオフィスは居抜きオフィスを中心に扱う検索サイトです。

都内のオフィスを中心に、40坪以下の小型物件から500坪以上の大型物件まで、様々なオフィスを扱っています。

当初は居抜きオフィスが専門でしたが、現在では居抜きに限らず、デザイナーズや一棟借りオフィスも扱っており、一般的なオフィスとは少し違ったワークスペースを求める方にもおすすめです!

スイッチオフィス

vivit(ビビット)

vivit(ビビット)は東京都内の居抜きオフィスを豊富に扱っている物件検索サイトです。
サイト名は、良いものを見つけた時のビビっとくる感覚、その感覚を大事にしたい、感じてほしいという思いからつけられています。

スタログというオフィスのお役立ち情報メディアも運営しており、居抜きオフィスの入退去それぞれのフローをわかりやすく説明しています。

単なる居抜き物件だけでなくリノベーション物件などの紹介もあり、ワンランク上の物件をお探しの方におすすめです。

なお、会員でない場合、一部の物件しか見ることができませんが、会員登録をするとすべての物件が閲覧可能となります。

登録は無料なので、会員登録をしての利用がおすすめです。

vivit

Value Office(バリューオフィス)

Value Office(バリューオフィス)は東京都内の居抜きオフィス、セットアップオフィスを専門に扱う物件検索サイトです。

セットアップオフィスとは、物件のオーナーさん側であらかじめ内装や備品をセットアップしてくれているオフィスのことです。
前の入居者が残した内装をそのまま引き継ぐ居抜きオフィスとは少し異なりますが、入居者側で内装や備品を手配するコストを削減できるという点では似ています。
サイト内に「居抜きとは?」、「セットアップオフィスとは?」といった用語の説明が掲載されているので、初めて移転する企業も安心して利用できるでしょう。

Value Office(バリューオフィス

ハイッテ

ハイッテは東京都内の居抜きオフィスを専門に扱う検索サイトです。
入退去のフローがわかりやすく紹介されているので、初めて居抜き物件を探す方にもおすすめです。

検索ではエリア、坪数、坪単価のほか、詳細条件から絞ることができるので、希望条件に合った物件を探しやすいでしょう。
物件の紹介ページでは設備仕様(男女トイレ別、セントラル空調or個別空調、ラウンジの有無など)が詳しく記載されている点に注目です。

またサイト内の「オフィスストーリー」に、実際にオフィス移転をした企業の移転ストーリーが掲載されているので、実際に移転する際の流れをイメージするのに役立つでしょう。

ハイッテ

居抜き本舗

居抜き本舗は、居抜き店舗に特化した物件検索サイトです。

希望条件によって検索できるのはもちろん、お役立ち情報やセミナー情報なども掲載されてるので、プラスアルファの知識が得られます。
検索条件はエリアや賃料、沿線や業態のほか、特定のキーワード検索もできます。

また物件オーナーさんを始め、店舗関連業者と連携し、他社とは異なる希少な居抜き物件情報を提案しています。居抜き店舗に特化したサイトは少ないので、居抜き店舗を探している方におすすめです。

居抜き本舗

Tempodas(テンポダス)

Tempodasは、飲食店出店を検討している方におすすめの居抜き物件検索サイトです。提携不動産仲介会社から直接仕入れた情報を配信しているため、自分で不動産仲介会社を開拓する手間を削減しながら、質の高い未公開物件の情報を手に入れることができます

また、物件情報とあわせて周辺店舗、人口や昇降者数などの周辺マーケットデータも表示されるので、出店したいエリアのマーケット調査をスピーディに行うことができます

サイト内に居抜き物件や出店に関するコラムも掲載されているので、ノウハウを得たい方にもおすすめです。

Tempodas(テンポダス)

まとめ

ここまで居抜き物件の検索サイトを紹介してきました。

それぞれのサイトごとに特徴があるので、物件探しの段階で希望条件を具体的にし、希望する条件に合わせて適切なサイトを選ぶことも重要になってきます。

本記事が、居抜きオフィスでの移転を検討している方の一助になれば幸いです。